テープ起こしTOPコース選択料金確認お申し込み

テープ起こし関連の話題

・ひらめきには「悩む」ことが必要

テープ起こしで聞き取れなかった言葉が後でひらめく現象は、散歩中にアイデアが生まれるときや、解けなかった数学の問題が就寝中に突然解けたりするのと共通しています。
つまり、リラックスした状態が得られるところに、ひらめきが生まれることが多いということです。しかしこの環境が与えられただけでは、まだ条件が足りないようです。

脳がひらめくためには、「悩み」が必要といわれます。それは、試行錯誤によるカオスの状態といえます。カオスは複雑系で使われる言葉ですが、いわば混沌とした状態です。
テープ起こし中に適切な言葉が思いつかないなど、ある問題が発生した場合、いろいろ候補となる言葉を考える必要があります。テープ起こしであれば、前後の文脈から言葉を推測したり、音声の聞こえ方を過去に聞いた音声などから分析したりといったことです。
つまり「悩みのプロセス」が必須になります。

次へ

【テープ起こしとひらめきの関係】
聞き取れない言葉がひらめく瞬間
ひらめきには「悩む」ことが必要
潜在意識で解決の準備をしている

【テープ起こし関連の話題】
発声器官とは?
インターネット検索がテープ起こしを変えた
テープ起こしにおける耳の良さ

  • 無料でお見積りします
  • テープ起こし・文字起こしの実績
ページのトップへ戻る